痩せるみそ汁の作り方、いつ飲む?効果は?金スマで紹介!

ダイエット

金スマでチャレンジしていた
1日1杯たった10日で痩せる最強のみそ汁ダイエット!
痩せる味噌汁についてまとめました。

スポンサーリンク

痩せる最強のみそ汁ダイエットとは

様々な健康法を紹介している金スマですが、
今回番組で紹介していたのが、
痩せる最強のみそ汁ダイエット!

そのヤセる最強のみそ汁を考案したのが、
腸・自律神経の名医でもある小林弘幸先生

みそ汁を飲むとどういう効果があるの?

みそ汁を飲むとどういう効果があるのか気になりますよね。

先生のお話では、
味噌には脂肪の燃焼効果があるということでした。

みその原料・大豆にはたんぱく質が豊富に含まれている。

味噌の原料の大豆(たんぱく質)
 筋肉が作られる
   ↓
 基礎代謝が上がる
   ↓
 脂肪燃焼効果

このような効果があるということでしたが、
中居くんはみそ汁を飲むだけで痩せるっていうことを
かなり疑っていましたね。

確かに、
みそ汁を飲むだけで痩せるのであれば
日本人のほとんどが痩せているはず・・・と、私も同じことを思いました。

では、先生の考案した最強のみそ汁は普通のみそ汁と何が違うんでしょう?

小林先生考案のやせる最強みそ汁の材料、作り方

小林先生考案のみそ汁は出汁は使っていません

やせる最強のみそ汁は4つの素材を使っています。
 ①赤みそ(糖の吸収緩やかにし、血糖値の上昇を抑える物質(メラノイジン)が豊富)
  
  食事をして血糖値が急激に上がると、インスリンが過剰に分泌されます。
  そうすると血管内の糖分を脂肪細胞に蓄えてしまう。
  赤みそに含まれるメラノイジンが糖を増えるのを抑え、糖を脂肪に溜め込むのを防ぐ。
  
 ②白みそ(腸内環境の安定)
  
  白みそにはスプーン1杯で100gのヨーグルトと同じくらいの乳酸菌が含まれています。
  腸内環境が整うと、血流が良くなるので、代謝が上がる。
  自然と余計な脂肪をつけない、脂肪燃焼を促進する。

 ③おろした玉ねぎ(白みそを合わせると最強の整腸剤!)

  玉ねぎ(オリゴ糖)
  白みその乳酸菌のエサになり、乳酸菌が増える。
  (いくら菌がいてもエサがいないと発達しない。)
  腸内環境が改善される。

  その結果、血流が良くなり、代謝がアップし、痩せやすい体になっていく。

  *玉ねぎはおろさないで食べてもいいが、
   小さいお子さんだとすった玉ねぎだと案外食べられるのでおすすめ

 ④りんご酢(女性の天敵、むくみをとる効果がある)
  
むくみの原因 
塩分を過剰に摂ると、塩分濃度を薄めようとすることで、
水分を体内に蓄えようとすることでむくむ。

りんご酢(カリウム)
塩分を体の外に排出する成分が含まれているので、
余計な水分を溜め込まなくなり、むくみ解消が期待できる。

スポンサーリンク

そんな最強みそ汁の作り方

 作るのが大変だと毎日続かないと中居くんも心配していましたが、

超簡単!!シンプル!!

冷凍して作り置きすれば、2週間保存可能!!

10個用の製氷皿で作った味噌玉1個分(30g)がみそ汁1杯分

食べたい時はお湯を注ぐだけ!!

出汁をとる事なく、簡単にみそ汁を作ることができます!!

痩せる最強のみそ汁の素「みそ玉」の作り方

痩せる最強のみそ汁の素「みそ玉」の作り方
  製氷皿(10個用)

 ①八丁味噌などの赤みそ・・・80g

 ②西京味噌などの白みそ・・・80g

 ③おろした玉ねぎ・・・150g(中くらいの玉ねぎ1個分くらい)

 ④りんご酢・・・大さじ1杯

 この4つの材料を混ぜ合わせ、全体がなじめば完成!

 冷凍保存におすすめなのが、10個用の製氷皿!
 10個用の製氷皿に均等に入れる。
 
 製氷皿がない場合はジップロックなどのビニールの保存袋に入れておいても大丈夫!
 カチカチにはならず、固めのシャーベットくらいにしかならないので、
 1杯につき30gを取り出せばOK!!

一般的なみそ汁を作るときと同じ様に
具材を煮立てたら火を止め、みそを溶かせば完成!!

フリーズドライの具材を使えば、外出先でもお湯を注ぐだけでも暖かいみそ汁を飲めるのも魅力の一つ!

やせる最強のみそ汁は、
スープだけでも、具材を入れてもOK!
具材も何を入れてもOK!!

みそ汁は各自の生活リズムに合わせて、好きな時に食べてOK!

みそ汁ファーストとは

みそ汁から食べるのが、痩せる近道!!

「みそ汁ファースト」といって、みそ汁を最初に食べたほうがいい!
血糖値をいかに上げない食べ方をするかが重要!
(食物繊維の入った)みそ汁を最初に飲むだけで血糖値が抑えられる。

みそ汁を飲み始めてから、体が温まりやすくなっていたら、
代謝が上がっている証拠!!

みそ汁にしなくても、みそを使った料理、
そのまま野菜につけてスティック状で食べるとか、
パンの上にみそを塗って焼いて食べるとか、
パスタの隠し味に混ぜ合わせて食べるとか、
どれも効果はあると思うと先生は話していました。

最強のみそ汁レシピ!評判の良かった痩せる最強のみそ汁レシピBEST3!!

小林先生の本には67種類のみそ汁のレシピが紹介されています。

長いもと梅のみそ汁
 (分量は2杯分)
 ①コンロで長いものヒゲを炙り、
 ②長いも(150g)7ミリ程度の厚さでイチョウ切りにし、
 ③水300mlを火にかけ、切った長いもは皮ごと2分間ほど火を通す。
 ④火を止めたら、そこへみそ玉を2個を溶かし、
  手でちぎった梅干し(1個)を入れれば完成

その中でも金スマでダイエットにチャレンジした3人の評判の良かったレシピベスト3!!
(分量はそれぞれ2人分)

第3位!!サバ缶とたけのこのみそ汁

 たけのこ(水煮)・・・80g
 サバの水煮缶・・・1/2缶(100g)
 酒・・・大さじ1

 酒を入れた水(300ml)を一煮立ちさせ、
 そこに3mm厚さの薄切りにしたたけのこをいれ、1分加熱する。
 火を止めて、みそ玉2個を入れ溶かす。
 器に鯖を入れ、みそ汁をかければ完成!!

第2位!!えびとアスパラガスのみそ汁

 エビ(頭)・・・4尾
 酒・・・大さじ2
 水・・・300ml
 アクを取りながら、これらを一煮立ちさせる。
 エビ(身)4尾、アスパラガス(2本)を加えて、
 火が通るまで、約1分加熱する。
 火を止め、味噌玉を入れれば完成!!

第1位!!豆乳みそのお団子スープ
 東野理子さんのお子さん達も美味しそうに飲んでました(^ ^)

  鶏ひき肉・・・80g
  長ねぎ・・・40g(みじん切り)
  生姜・・・1かけ
  これらを混ぜ合わせ、団子を作る。
  水200mlを一煮立ちさせ、そこに団子を入れる。
  次に、調製豆乳・・・100mlを入れる。
  火が通ったら、火を止め、みそ玉を入れ溶かせば完成!

金スマヤセる最強みそ汁生活10日間ダイエット!ダイエット方法は?結果は?

やせる最強みそ汁生活は
食事制限はせずに
1日1杯最強のみそ汁を飲むだけ  

今回の金スマで最強みそ汁生活に10日間チャレンジしたのが
東野理子さん、大場久美子さん、丘みどりさんの3人。

10日間チャレンジした結果は

東野理子さん 54.1キロ→51.0キロ
 お通じが良くなった!!との感想がありました!

大場久美子さん 50.2キロ→49.1キロ

丘みどりさん 46.3キロ→42.8キロ

3人3様の結果となりましたが、効果はそれぞれありましたよね。

気になる方はぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました