カフェオレとカフェラテの違い、アイスカフェオレ、抹茶オレの作り方

レシピ

カフェオレとカフェラテの違いとは。
ヒルナンデスで紹介していたインスタントコーヒーを使った
アイスカフェオレや抹茶オレの作り方を紹介します。

スポンサーリンク

カフェオレとカフェラテの違い

カフェラテとカフェオレ、この二つの違いを知っていますか?

どちらもコーヒー牛乳という意味なんですが、
何が違うんでしょう?

まずは発祥地が違います。
カフェオレはイタリア発祥で、
カフェラテはフランス発祥です。

もうひとつの違いは
カフェオレはエスプレッソマシーンで抽出した濃いめのコーヒーを使用していて
カフェラテはインスタントやドリッパーで作ったコーヒーを使用しています。

スポンサーリンク

カフェのような2層アイスカフェオレの作り方

今回はヒルナンデスで紹介していた
インスタントコーヒーを使った
アイスカフェオレの作り方をご紹介します。

材料
・牛乳
・水
・お湯
・インスタントコーヒー
・氷
・ガムシロップ

①グラスにインスタントコーヒーをティースプーン山盛り2杯入れ、水で溶かします。
 ※インスタントコーヒーにはでんぷんが含まれているので、ダマになりやすく
 水で溶かすとまろやかになります。
※粉末スープも最初に水で混ぜて溶かしてから、お湯を注ぐとダマになりません。

②①にお湯を入れて量を調整します。

③新しいグラスに牛乳を注ぐ。
 きれいな2層を作るために、ガムシロップは牛乳に入れて混ぜる。
※牛乳とコーヒーは比重が違うため、牛乳にガムシロップを入れると牛乳がより重くなる
※ガムシロップ以外に三温糖、黒糖もまた違った味が楽しめオススメです。
 三温糖、黒糖を使う場合は溶けにくいため、お湯で溶かしてから、牛乳に加えます。

④③に氷を入れる

⑤④の牛乳に②のコーヒーを注ぐ。
 注ぐときには1つの氷に当てるようにコーヒーを注いでいく。
※氷がクッションとなり、牛乳にコーヒーが混ざりにくくなります。

⑥キレイな二層のアイスカフェオレの出来上がり。

キレイな三層、抹茶のトリプルオレの作り方

次に抹茶を使った抹茶のトリプルオレを紹介します。

材料
・インスタントコーヒー
・抹茶
・水
・お湯
・氷
・ガムシロップ

①抹茶ティースプーン2杯をお湯50CCで溶かします。

②抹茶を一番下の層にするために、抹茶にガムシロップを入れます。

③②に氷を加え、そこに牛乳、溶かしたインスタントコーヒーを加えます。
※牛乳、コーヒーを注ぐときは、一つの氷に当てて注ぎます

④きれいな3層の抹茶のトリプルオレの出来上がり!

お店のようなカフェオレがお家で楽しめるのいいですよね!
ぜひ、お試しくださいね♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました