トマトジュースで肉じゃが、簡単冷汁、カラッとかき揚げ、ジューシー蒸し鶏

レシピ

世界一受けたい授業で、
「分とく山」の総料理長の野崎洋光先生が
簡単調理の絶品和食の作り方を教えてくれました。

スポンサーリンク

「分とく山」総料理長、野崎先生の和食レシピ

あじの干物で簡単冷汁

暑くなる季節に出番も多くなると思われる
そうめんのつゆにもピッタリという冷汁です!

あじの干物で簡単絶品冷汁

【材料】(2人分)
あじの干物(小)2枚、きゅうり1本、木綿豆腐1/2丁、大葉5枚
白炒り胡麻25g、水400cc、味噌50g

【作り方】
⓵ 水を入れたボウルに味噌を溶き入れる。
⓶あじの干物はグリルで焼いてほぐし、皮と骨を取り除く。
⓷きゅうりは小口切りにし、塩をまぶして10分程おく。
 しんなりしたら手で揉み洗いして、水気を絞る。
⓸⓵に炒り胡麻を入れ、豆腐を手で崩しながら加え、
 ⓶の干物、ちぎった大葉、⓷のきゅうりを加えて混ぜ合わせ、器に盛る。

フライパンででカラッとかき揚げ

家で作るとべチャッとしてしまいがちなかき揚げ。
私もとても苦手なんですが、
かき揚げをカラッと揚げるには小さなフライパンを使うのがポイントです!

かき揚げ
【材料】(2人分)
海老4尾、人参30g、長葱1/2本、春菊1本

【衣(a)】冷水100cc、小麦粉60g、卵黄1個分

【作り方】
⓵海老は殻をむき、背ワタを取り、4等分に切る。
 人参は皮をむき、短冊切りにする。
 長葱は斜め薄切りにし、春菊は葉をむしる。
⓶ボウルに⓵を入れ、小麦粉大さじ1を入れて全体にまぶす。
⓷別のボウルに(a)を入れて均一に混ぜ合わせ衣をつくる
 ⓶に衣の8割ほどを加え、まんべんなく混ぜる。
⓸直径15㎝くらいの鍋に深さ3㎝位まで入れ、
 170℃に熱する。
⓹⓷の半量の衣を軽く切ってから⓸に入れ、菜箸で大きく静かに混ぜる。
 少し固まりかけたら残りの衣を上から回しかけ、
 さらに表面が固まったらフライ返しと菜箸を使って裏返す。
 回りの泡が小さくなったら引き上げ油を切る。

大きくない?って思うけど、カットすればいい話ですよね!
お塩や抹茶塩でどうぞ♪

スポンサーリンク

ジューシー蒸し鶏

パサッとなりがちな蒸し鶏ですが、
パサッとしないジューシーな蒸し鶏の作り方です!

大根おろしの蒸し鶏
【材料】(2人分)
鶏むね肉1枚(250g)、塩小さじ1弱、大根おろし1/4本分

【作り方】
⓵鶏むね肉に、塩をふり10分おく。
⓶バットに皮目を下にして⓵の鶏肉を置き、
 水気を切った大根おろしを鶏肉の全面にのせる。
⓷蒸気の上がった蒸し器にバットごと入れて中火で20分ほど蒸す。
⓸⓷を食べやすい大きさに切る。
 大根おろしは乗せたまま器に乗せる。

大根おろしをのせることで、
うまみ成分が外に出るのを防ぐ
んですね!

美味しい蒸し鶏が食べられそうですね!

トマトジュースで作る肉じゃが

だしの代わりにトマトジュースを使って作る
肉じゃがの作り方。

肉じゃがを作るときに、普段はだしを使うところを
無塩のトマトジュースを使います。

トマトに含まれるグルタミン酸が
肉や魚に含まれるイノシンサンと一緒になることで
旨味に変わります。

肉じゃが
煮汁として以下を使用します。

トマトのジュース(無塩)200cc
水200cc、しょう油45cc、みりん15cc、砂糖15g

トマトジュースですから
もちろん赤い肉じゃがになっていましたが、
美味しかったようです。

みそ汁のダシの代わりにトマトジュースでもいいそうです。

番組内で
分量の説明はなかったので、
それぞれで試してみる感じですね。

トマトが出汁になるなんてビックリでした!

ぜひ試してみて下さいね!!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました